2020年8月14日アーカイブ

【桐生秀臣】SPIRALってどうなの?詐欺の可能性は?気になるビジネス調べてみました!

SPIRALに詐欺の可能性があるとしたらどのポイント?

SPIRALはスマートフォンやタブレットがあれば参加でき、毎日3万円を手にできるとして今後注目を集めていきそうなビジネスです。

ホームページなどでもその魅力が紹介されていますが、ネットビジネスと聞くと詐欺の危険性を気にする人は少なくないのではないでしょうか。

詐欺の可能性が高いものであれば中身を紹介していく意味がないので、このSPIRALに詐欺の臭いがするかどうかをチェックしてみましょう。

まずこのSPIRALは、投資を扱ったものとなります。投資というものはどうしても難しい印象があり、そこから情報弱者を食い物にするビジネス、というイメージがついてしまっている気がします。

これまでの投資ビジネスと違うポイントとしては、主に法人の株を取り扱う機関投資家の手法を取り入れていること、そして期間限定ですが無料でできることなどがあります。

手法うんぬんだけでは詐欺の可能性が高いとも低いとも言えませんが、無料でできるという点に注目したいと思います。

無料で勧誘しておきながら後で高い料金を請求する、というのはよくある手口ですが、このSPIRALは元々398,000円の費用が必要なものです。1万や2万のものが無料になるのは聞いたことがありますが、40万近くするものが無料というのは聞いたことがありません。

ホームページには「無料にした理由は登録することで分かります」と書かれているので、気になるなら思い切って登録してみましょう。

それで詐欺にあう可能性ですが、仮に詐欺会社だったとして、40万近い金額を簡単に搾取できると考えているとは思えません。お金を払わない限りは詐欺にはなり得ないので、奥深く探るためにも気になる人はまず登録してみるのがいいと思います。

SPIRALは詐欺で稼げない?ホームページの内容から探る

SPIRALが真っ当なビジネスだったとしても、詐欺で稼げないものであれば意味がありません。ここではSPIRALが詐欺なのか見ていきたいと思います。

言うまでもなく、投資というものは損失を出すリスクがあります。もちろん、損をしてしまう可能性もあります。

それでも「毎日3万円を手にする」ためには、確かな情報と確かな手筋が必要となります。それを実現させるのが、機関投資家の手法を取り入れたというSPIRALのモバイルアプリということだと思います。

ホームページには「過去5年以上のバックテストでマイナスは1度もない」とのことです。

少なくとも5年前には存在していたものを、アプリ化してリリースしたということでしょうか。

実際に安全性の証拠があるとも書かれており、登録後にはそれも見ることができるようになると思います。

まだSNSなどにもその評判などが見受けられないことから、リリースされて間もないのだと思います。(そう考えると無料キャンペーンをしていることも頷けます)

まずはこの無料期間で試してみるのが早いかと思います。

その無料期間で詐欺か判断できるとも思いますので是非試してみてはいかがでしょうか。

SPIRALを詐欺か正当かを判断するための基準は?

仮に投資ビジネスにおいて失敗したからといって、それは詐欺にあたるのかといわれると、必ずしもそうではないと思います。

ただそれは「絶対稼げます」「100%収益が出ます」などといい、収益が出ることを約束したにも関わらず稼げなかった場合に限られると思います。

逆に「失敗する可能性もある」と知っていた上で失敗した場合、詐欺として訴えることは難しいでしょう。

SPIRALの場合、ホームページなどでは100%や絶対などの表現を使わず、「失敗する可能性もある」ことを認めています。それでありながら、これまで過去5年以上マイナスは1度もないということです。

その実績を信用するか、詐欺と判断するかは、その人次第です。さすがにこれだけの実績があれば無料期間だけでもそれなりの兆しはあるはずなので、無料期間を経てからその後継続するかどうかを決めるのもいい方法だと思います。